.

民事再生という選択肢は住宅のためのローンを含め複数の債務に悩んでいる方々を対象に、マイホームを手放さずに金銭面でやり直すための法的機関による謝金の整理の道として2000年11月に適用された選択肢です。民事再生には、破産申告とは違って免責不許可となる要素はありませんので、投機などで債務がふくらんだようなときでも民事再生は問題ありませんし破産手続きをすると業務の停止になりかねない立場で給与を得ているような人でも手続きが検討できます。自己破産制度では、住んでいる家を対象外にするわけにはいきませんし任意整理等では、元金自体は払っていく必要がありますので住宅のローンも支払いながら返していくのは多くの場合には困難だと考えられます。ですが、民事再生という手続きを採用することができれば、住宅のためのローンのほかの借り入れについてはかなりのお金を圧縮することが可能なため、余裕がある状態で住宅ローンなどを返しながらあとの借り入れ分を払い続けるようなこともできるということです。しかしながら、民事再生による解決は任意整理による手続きや特定調停などと違い一部分の債務を除き処理を行うことは許されていませんし破産宣告においてのように負債それ自体帳消しになるのではありません。くわえて、別の処理と比べて若干煩雑で期間もかかりますので住宅のローンを持っていてマイホームを維持したい状況等以外の、破産申告などのその他の債務整理ができない際の手段としておいた方がいいでしょう。

Copyright (c) 2000 www.lovelaeannamos.com All Rights Reserved.