.

「胃痛」の症状が出た場合に飲む「胃薬」。 この「胃薬」には大きく分けて「2つの種類の胃薬」があります。 第一に「胃の痛みをダイレクトに止める胃薬」、いわゆる「グリーン系胃薬」と呼ばれる胃薬です。 これらの胃薬は主に西洋医学の概念により生まれた胃薬で、傷付いた胃壁や胃粘膜を保護する作用が科学的に検証され証明された西洋医学由来の胃薬です。 第二に「漢方由来の胃薬」、いわゆる「健胃散」です。 こちらの胃薬は主に「胃の働きを活発にしたり、胃の消化を助ける働き」があります。 成分は漢方由来の物がほとんどで、中国医学を基にして作られた漢方由来の胃薬です。 漢方なので薬の成分は基本的に全て「自然の物、生薬」から抽出された成分で出来ています。 この2つの「胃薬」を場合によって飲み分ける必要があります。 胃が痛くて胃の痛みをすぐにでも止めたい時には「西洋医学由来の胃薬」を、胃の痛みはそれ程でも無い、または胃がもたれる、胃がすっきりしない、食欲が無い、などの症状の時には「漢方由来の胃薬」を飲むのが適切です。

Copyright (c) 2000 www.lovelaeannamos.com All Rights Reserved.