.

現金化する目的で列車の旅券等を大量決済すること・・・クレジットのキャッシュ化サービスというもの使用しないで、利用者自身が換金を目的としてカードを利用するというのも同様と言えます。80-6-144

換金するということを意図したクレカの決済であると規約違反に繋がるからであります。80-11-144

必要以上の電車の旅券や切手購入等においてのクレジット決済をすると、運が悪いと換金目的では??とマークされることなどが考えられるので、注意することが必須ですそれから、使用時点でキャシング利用可能枠が限度になられてしまっているケースは、新幹線等の乗車券を決済することにトライすることだけであってもカードの発行会社の方から確認の電話が入ってしまうこともあるので、金欠時の利用については不可とされていると考えられます。80-20-144

お金に問題がある際に企てる内容は誰でも、同様なのです。80-12-144

クレジットの会社の立場からみて問題な利用法をすること●以前に話題になった『永久期間』など、クレジット会社に対してメリットとなり得ない決済をするとクレジット発行会社側から没収させられてしまう場合などもあるようです。80-10-144

Web上に話題になった決済ポイントの不正な入手等の世間には流通していない手段などというものが存在してもそのようなやり方は間違えなくカードの規約違反になるからどんな理由があっても利用しないようにして頂きたい。80-7-144

没収となってしまったデータは信用機関へ流れる)クレジットを強制没収させられてしまったとしてもほかのクレカというのは問題ないんだから、ひとつくらいであればいいじゃん?と考える人、昨今の情報流通社会にあってはその思考が命取りになる危険性があるのです。80-18-144

その理由は、まず強制失効させられてしまうという事態になると、クレカの会社によって問い合わせ可能な信用情報機関というものへ強制退会の内容が記録されるために、事故を起こした人の信用情報は急落するケースもあるためです。80-19-144

保有するただの1枚であっても没収になると他社のクレジットカードまでも契約しにくくなる場合もありますし、最悪の場合別の所持しているクレジットカードについても強制没収扱いとなるケースもあるのです。80-15-144

引き続き利用できる場合でも更新とともに使えなくなることになります。80-16-144

兎にも角にもくどいほど記載させてもらっているが、強制失効という扱いになるほどの利用はどんなことがあってもされないようルールに則ってカードを使って頂きたいと思っています。

Copyright (c) 2000 www.lovelaeannamos.com All Rights Reserved.