.

喘息は気管支の収縮によって喘鳴あるいは咳や呼吸困難等の発作が起こる事です。エポスカード

発作は程度によって小発作(喘鳴はあるものの基本的には日常生活を営む事が出来ます)と中発作(喘息によって日常生活に若干の影響が現れます)と大発作(呼吸困難が生じる為に日常生活に大きな影響を与えます)に大別されています。

喘息の発作が始まった際には気管支の収縮や粘膜のむくみ又は咳等を生じる為に空気の通り道が狭くなる事による息苦しさがあります。

子供が喘息になった際には背中に耳を当てる事によって喘鳴が聞こえる事もあります。

喘息の治療を行う際には環境及び体質の改善が必要です。

医療機関へ相談する事が大切です。

治療には吸入薬を使用する事が一般的です。

気道へ効果を期待する事が出来る吸入薬は、長期管理薬(毎日継続して使用を行います)と発作治療薬(発作が起きた時に使用します)の種類に分かれています。

長期管理薬は長時間作用性気管支拡張薬及び吸入ステロイド薬がありますが、両方を一つの吸入器に入れている場合もあります。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.lovelaeannamos.com All Rights Reserved.